特定非営利活動法人ものづくりOET趣旨

NPO法人の設立趣旨をご説明させていただきます。

 

  少子高齢化により日本の人口が減少していく今日、東伊豆町においても子どもの数は減り続け、町の人口における65歳以上の高齢者が占める割合は40%を超えています。その一方で、元気なシニアライフを送り、ものづくりなど充実した活動をされている高齢者も多く、社会にとってまだまだその技術や能力は必要とされることも多いのが特徴です。

  私たちは、長年この東伊豆町に生まれ育ち、その恵まれた自然環境のもと、手作りによる手工芸品等、様々な技術や才能を発揮された方々による素晴らしい作品に多数接してきました。地方の小さな町においても、まだまだ残しておくべき人材は多く存在します。

  一方で少子化や核家族化、後継者不足などの背景により、これらの技術や作品も後世に受け継いでいける保証もないのが現実です。

  モノがあふれる今日、価値を適切に伝えることなくして人の歓心を引くこともありません。この町にありながら広く世間に知られていない、作品の数々やその価値をインターネットやイベント等を通して、グローバル時代の情報発信の波に乗せ、彼らの活動を支援していくことで町の魅力を再認識し若年層を呼び戻し、活性化の一助ができればと考えております。

  個人の力では限界があり、また創作活動に力点をおいている方々にとって広報や販促活動もままならないのが実情の中、私たちは町おこしの観点から、優れた人材と作品を発掘し、後方支援をしていくことで地域の活性化に尽力してまいりたいと存じております。

 

               NPO法人 ものづくりOET

                理事長    西尾 八恵美

                副理事長   不二山 忠司

                理事     太田 良江

                記事     古屋 多鶴子